心と体にやさしいおやつは小腹の救世主 ♪

本格的な秋の深まりを感じるこの頃。

皆様

お変わりありませんか。

今回も

ご覧頂きましてありがとうございます。

さて

秋といえば

美味しい食材が

たくさん出回ると共に

私たちのおなか具合も

良い感じに

美味しいものを欲する季節となりました ♪

今回は

私たちの小腹を救ってくれる

お手軽で

お手頃な

この味覚!

「 甘栗 」

にスポットを当ててご紹介をさせて頂きたいなと思います(^^)

「 甘栗 」は

カロリーが少し高めではありますが

食物繊維やタンパク質を多く含みます。

また

・余分な塩分を排出してくれるカリウム

・赤血球や遺伝情報を司るDNAやRNAを作るうえで不可欠なことに加え

 胎児の育成にも大きな影響を与える葉酸

・粘膜や皮膚を健康にし

 脳神経を正常に保ち

 血行を促進してくれるナイアシン(ビタミンB3)

そして

何より

排卵期の不調をはじめ

 PMS(月経前症候群)妊娠初期のつわりの症状

 緩和してくれるビタミンB6

 以前ご紹介しました「ドーパミン」や「セロトニン」など

 神経伝達物質の合成をする上でも必要と言われています。

一粒で

こんなにもたくさんの栄養が

ギュっと閉じ込められている「甘栗」は

美味しいうえに

心も体も健やか

さらに

私たち女性の心強い味方でもあるのですから

まさに

一石二鳥ならぬ

一石三鳥と言っても過言ではないでしょうか♬

また

ビタミンB6

排卵期から月経前の方や妊娠中の方

以外に

ピルを服用している方

たんぱく質を多く摂る方

お酒を多く飲む方

糖尿病や腎機能障害がある方

抗生物質を服用している方などは

ビタミンB6が不足しやすいと言われています。

ビタミンB6の働きをサポートするために

ビタミンB2と合わせて摂ることを

大切にして頂けましたらと思います。

「牛乳」

コップ1杯で

1日に必要なビタミンB2の量の4分の1が摂れるそうです。

甘栗との味の相性も良いので

一緒に召し上がると良いかもしれませんね(^^)

コンビニやスーパー

100円ショップでも手に入る

栄養満点の「甘栗」。

食欲の秋のお供にされてみてはいかがでしょうか。

▲ ご注意 ▲ 

「牛乳」は摂り過ぎると

生理痛の原因になる恐れが高くなりますので

1杯までにして頂けましたらと思います。

また

「甘栗」は

有機栽培のものをお勧めします(^^)

そして

カロリーが高めですので

食べ過ぎにはお気を付けくださいね。

⋆ ほっこりギャラリー ⋆

今回は

「とんぼさん」

ふと目をやると

ふんわりと降り立って

羽休め ♪

「飛んで行かないで~」と

心の中でお願いをしながら

シャッターを切りました(^^♪

とんぼさん

モデルになってくれてありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA